フォトアルバム

天蓋より-箕面森町動物病院のブログ

Powered by Six Apart

« ちょっと寂しい | メイン | 11月の臨時休診 »

2015年10月10日 (土)

問題行動かどうかはケースバイケース

先の文章にからめて

噛むという行為が、

相手に恐怖を与えて自分が優位に立とうとする場合

普段はいいこで、いやなことをしようとすると噛むんですという言葉はよく聞きます

恐怖が強すぎて、我を忘れる場合

診察室の中を飛び回って威嚇したり噛んだり、失禁したり

は問題行動だと思います。

無視をする

何日も麻酔をかけてふらふらにして押さえつける

何度か半殺しに近い暴行を与える

ことも否定しません。ケースバケースで必要なことをすればいいことです。

ただ、

先のケースや

治療して帰ったあとは必ず怒る腎不全の猫ちゃん

これは飼い主さんが勘違いしないように、自分は注射が嫌いだと意思を毎回アピールしているだけでしょう

初診時、暴れるので院長はじめ3人がかりで治療したという猫ちゃん

顔が大きく硬くなるくらい頻繁に喧嘩の度に、

飼い主さんには怒るので内服不可能ということで、数日注射に通院しました

翌日拙が担当してからは、毎回

一度顔をみてから、お前かという顔で、いつも注射や傷の洗浄を素直にさせてくれました

など、コミュニケーションがきちんととれる場合は

問題行動とはいいいきれないように思います

コメント

コメントを投稿

最近のコメント

ウェブページ